大きめの独り言

専業特化?それとも多業種展開?

経営してると結構よく問われる質問。
1事業に特化してエリアを拡大していくか、
多事業に展開して行くか。

僕は、後者の経営をしたいと思っています。

たとえばの話ですが、
自動運転が実用化されたとしたら、
ものにせよ、人にせよ運ぶという仕事に大きな変革が起こります。
もし、僕がその時タクシー会社しか運営していなかったとしたら、
多くの従業員の整理を必要とするでしょう。
日本中、世界中でその仕事に必要な絶対数が激減するためです。

そうなると、どれだけ素晴らしいサービスを提供する会社で、
自慢できるスタッフを育てていたとしても、
手放さざる負えなくなります。

せっかく縁があってうちのヴェゼルに関わった人には
可能な限りうちと関わり続けてほしいと思うし、
いい関係でいたいなと思っています。

それを実現しようと思ったら、経営していれば様々な景気の影響や業態の変更などを、
強いられたときも従業員を解雇せずに経営をし続けられる素地が必要だと思うんです。

どこかが悪くなれば、どこかが良くなる。
そういった多様性が僕は会社の体力だと思っています。

そしてそのどんなサービスでも高いクオリティで提供できるだけの人が集まっている組織こそ、
これからの時代、生き残っていく会社になると思っています。

大きくなれば、それだけ柔軟な動きがしにくいことも増えるかもしれません。
でもそれは、社長一人で動かそうとするからではないでしょうか?

そのために、僕は、この九州で
100人の経営者たちと100の事業を作るグループにこのヴェゼルを育てていきたい。

僕も30歳のまだまだ若輩物です。
チャレンジしたい人、大歓迎です。

-大きめの独り言
-

Copyright© 100社船団を目指す僕のこうかい日誌 , 2020 All Rights Reserved.